リンパマッサージの資格を取得したい場合はスクールを選びましょう

男性と女性

個人で開業する人が多い

鍼灸

体が痛い場合や、不調が続く場合は鍼灸師の施術によって改善することが可能になります。鍼灸師は、はり師ときゅう師の両方の資格を持っている人のことをいい、両方の施術を行なえるのです。はり師は、気になる箇所に専用のはりを使用して施術を行ないますが、細いはりを使用するため、痛みを感じることはありません。きゅう師は、もぐさを燃焼させて行なう温熱刺激を中心とした施術をします。どちらも患者の肌に直接触れるもので、専門的な知識や技術が必要になるのです。はり師ときゅう師の施術をセットで行なうことが多いことから、両方の資格を取得する人が増えています。鍼灸師になるためには、大学や専門学校に行く必要があり、3年以上学ぶことによって受験資格を得られるのです。患者の症状に合わせて施術を行なう必要があるため、生理学や治療学などを学ぶことが重要になっていきます。専門学校や大学に行くことで、必要なスキルを身に付けられるのです。鍼灸師の場合、病院で働くこともできますが、個人で開業することが多く、就職をする人は少ない傾向にあります。柔道整復師と同様に国家資格を持っていることから、開業をする際には患者から信頼を得やすいのです。鍼灸師として働きたい人は、個人での開業に向けて学ぶと良いでしょう。その他の資格を取得することによって、幅広い施術を行なえるようになります。専門学校を選ぶことで、短期間で受験資格を得ることが可能になるのです。早く現場で働きたい人は専門学校を選ぶと良いでしょう。